TMMブランド護身用品・WEBカタログ

BY TMM TRADING,INC. 
日本護身用品協会加盟店
 
  TMM社正規販売店募集
  TMM公式ストア
HOME
  新着情報
ご利用規約
特定商取引法に基づく表示
会社情報
  社長挨拶〔TMM護身用品・WEBカタログのご案内〕
 
  TMM社は日本護身用品協会の加盟店です。
  当社は本物の護身用品を安心して購入できる日本護身用品協会加盟店です
 
About TMM
  TMMブログ
  正当防衛の成立要件
  軽犯罪法について
個人情報保護のお約束
日本初!TMMスタンガンの1年間保証システム
セキュリティコメント
  TMMアルミ合金警棒
  TMM三段特殊警棒
  三段警防用ホルスター
  催涙スプレー
  催涙スプレー用ホルスター
  催涙スプレーの取り扱説明書
  OC粉末催涙剤噴射器 ジェット・マグナム
TMMスタンガン動画
TMMスタンガン
TMMスタンガン取り扱説明書
  TMMスタンガン保証規定
  TMMスタンガン初期不良の場合の返送方法
  無料新品交換保障について
催涙ガス警棒
  金属探知器
携帯潜望鏡
送料・代引き手数料
販売代理店募集
  TMM社の基本的な考え方
  営業時間について
  返金・返品・交換・送料について
お問い合わせ
SPECIALIST OF SELF DEFENSE
おことわり
ご購入に関するご説明が
ありますので
「特定商取引法に基づく表示」を必ずお読みください。
注意・警告
!注意・警告!
ご使用前に
必ずお読みください。

取扱スタンガン一覧
ハンディタイプ
マグナム-X 100KV
マグナム-X カーブ 100KV
マグナム-X 300KV
マグナム-X ホーク 300KV
マグナム-X 500KV
マグナム-X ホーク 500KV
ブラックコブラ 900KV
ブラックコブラ 600KV
ブラックコブラ 350KV
ブラックコブラ 150KV
キングコブラ 900KV
キングコブラ・セダン 900KV
マグナム-X ゼータ1,000V
ブラックコブラ・ゼータ1,000V
マグナム-X セダン 1,100V
キングコブラ・セダン 1,100V
ブラックコブラ・ペン 500KV
ブラックコブラ・ペン 300KV
ブラックコブラ・ペン 150KV
エレクトロ・シールド 500KV
エレクトロ・シールド 600KV
バトンタイプ
マグナム-X バトン・S 300KV
マグナム-X バトン・L 300KV
マグナム-X バトン・S 500KV
マグナム-X バトン・L 500KV
マグナム-X バトン・S 900KV
マグナム-X バトン・L 900KV
マグナム-X バトン・L 1,300KV
マグナム-X バトン・S 1,300KV
TMM
13 過剰防衛について
実際にスタンガンを使用しても特別に不利になるような法律など一切ありませんし、木刀・警棒やバットを使用した時と同じ扱いになります。
「過剰防衛」と判断されてしまう最大の原因は、撃退した時に暴漢に負わせた「ケガ」の程度によります。その場の状況や凶器の所持の有無、暴漢の人数等を考慮したうえで撃退の方法が必要以上に過激で、その事が主な原因で限度を超えた「ケガ」を負わせた時に「過剰防衛」と認定されます。
木刀や警棒・バットで撃退するために止むを得ず襲って来なくなるまで叩いた場合、相手がまず動けなくなる程の「ケガ」を負います。その場合は「過剰防衛」の認定も有ることも覚悟しなければなりません。
木刀・警棒等を会社の事務所や車に常備し実際に使用すると逆に大きな「過剰防衛」というリスクを負うことになります。
ですから、スタンガンを使用して暴漢を撃退した場合、スタンガンの「電気ショック」は原則として「ケガ」を負わせることがありませんので、木刀やバットなどで撃退するより、よほど安全で確かです。(但し、30万V以上のスタンガンは接触箇所に治療を必要とするやけどを負わせることがあります。)
14 心臓の悪い人間に使った時
現在、世界で韓国・台湾をメインに10数社のスタンガンメーカーがあり、月産30万〜35万台のスタンガンが製造販売されており、すでに累計で約6,000万〜6,500万台が販売されています。その内日本国内での販売累計は約15万〜16万台に達し、世界一安全で治安の良い日本でも最近では毎月1万台以上のスタンガンが販売されています。
これだけの台数が日本を含めた世界中で使われていますが、スタンガンを使用して「心臓マヒ」で死亡したとか「ショック死」した実例報告は1件もありません。もちろん日本国内でも1件もありません。但し、悪条件が重なった場合は、常にスタンガンを使用したことによる「ショック死」の可能性が有ることを予めご承知おきください。
また地震や火事の発生により老人が「ショック死」することですが、そのような人にスタンガンを使用すると可能性がないとは言い切れない面があります。又、極端に体力が衰弱した病人や子供あるいは心臓病疾患の人に使用した場合、その可能性を否定することは出来ません。しかしながら、このような社会的な弱者が犯罪を犯す人間である確率は極めて小さいと言えます。
スタンガンではありませんが、日本国内で犯人を撃退する際に殺してしまいまいましたが、正当防衛が成立して無罪の判決を勝ち取った実例もあります。スタンガンの使用者が常に正当防衛によるものであれば何の問題もありません。
15 スタンガンの使用方法
ハンドタイプ及びバトンタイプのスタンガンは先端あるいはプレートの電極部を直接暴漢の身体に強く押し付けて放電させます
30万V以上のスタンガンになりますと、やや厚手の服の上からでも効果がありますので、直接皮膚に接触させる必要はありません。また50万V以上になりますと皮製のジャンパーや毛皮のコートの上からでも使用することが出来ます
15-(1) スタンガンの体感ショック度の説明
No.16のTMMスタンガンを接触させたときの症状の体感ショック度の説明は次の説明文を基準に作成されています。
実際に襲われて生命の危険が生じた時など、迷わずにスタンガンの電極部分(スパークする先端の金属部分)で犯人の身体を激しく突き刺す(同時にスパークさせます。)ことをお勧めします。その位の勢いで反撃しないと防衛出来ないとお考えください。覚悟する必要があります。
万が一の時、スタンガンを使用する場合は、必ず敵が動けなくなるまで使う事が大切です。
 

HOMEへ戻る
前のページへ戻る