TMMブランド護身用品・WEBカタログ

BY TMM TRADING,INC. 

 

日本護身用品協会加盟店
 
  TMM社正規販売店募集
  TMM公式ストア
HOME
  新着情報
ご利用規約
特定商取引法に基づく表示
会社情報
  社長挨拶〔TMM護身用品・WEBカタログのご案内〕
 
  TMM社は日本護身用品協会の加盟店です。
  当社は本物の護身用品を安心して購入できる日本護身用品協会加盟店です
 
About TMM
  TMMブログ
  正当防衛の成立要件
  軽犯罪法について
個人情報保護のお約束
日本初!TMMスタンガンの1年間保証システム
セキュリティコメント
  TMMアルミ合金警棒
  TMM三段特殊警棒
  三段警防用ホルスター
  催涙スプレー
  催涙スプレー用ホルスター
  催涙スプレーの取り扱説明書
  OC粉末催涙剤噴射器 ジェット・マグナム
TMMスタンガン動画
TMMスタンガン
TMMスタンガン取り扱説明書
  TMMスタンガン保証規定
  TMMスタンガン初期不良の場合の返送方法
  無料新品交換保障について
催涙ガス警棒
  金属探知器
携帯潜望鏡
送料・代引き手数料
販売代理店募集
  TMM社の基本的な考え方
  営業時間について
  返金・返品・交換・送料について
お問い合わせ
セキュリティコメント
 TMM社の基本的な考え方です。

護身器具の販売にはお客様を『身の危険』から守るという使命感が必要です。
≪≪例えばスタンガンについて。その他の護身用品も同じです。
現在、日本で売られているその大半は販売するスタンガンの性能を説明する日本語の詳しい取扱い説明書が添付されていなかったり、製品の保証をしていないものが殆どのようです。このようなスタンガンはTMM社では『玩具のスタンガン』と認定しています。何故ならば、その性能や実際に犯人に接触させた時の威力を説明していないものを護身器具とは言わないからです。

万が一の時、生命の危機から自分の身体を守るための器具を販売するのに、日本語の詳しい取扱い説明書も付けないで販売するのは、消費者を蔑視していることと同じだとTMM社では考えます。販売するスタンガンの責任の所在を明確に表示し、その上でスタンガンの性能や威力を日本語で詳しく説明して一定期間の製品保証をしなければなりません。以上のことを全て履行したスタンガンで初めて『護身器具』として販売出来る。とTMM社では考えます。

TMM社の保証システムとアフターサービス
1年間完全保証

ご購入から1年間スタンガン本体と保証書をTMM社までご返却頂くことを条件に、お客様の正常なご使用で故障した場合について保証致します。

万一ご購入から一年以内に修理不可能な故障が生じた場合は、何度でも保証による無償新品交換を実施いたします。

スタンガンの電気回路の一つに電圧増幅回路と言われる回路があります。9ボルトのアルカリ乾電池を電源にして数十万ボルトまで電圧を増幅させる回路です。ちょうど車で言えばエンジンに相当する回路で一番重要なところです。実はこの回路は非常にデリケートでスタンガンの使用を始めてから1年以内に破損することがあります。この回路が破損すると修理や部品交換が出来ませんので、そのスタンガンの寿命ということになります。現在、日本国内のスタンガン販売業者の大半がこの電圧増幅回路が破損して(突然スパークしなくなります。)使用できなくなっても、何の保証もしません。TMM社は前述の「1年間完全保証」の通り無制限で即日、無償新品交換保証をしています。これ以外に修理可能な箇所はすべての部品を確保して、いつでも対応できるシステムが完備しています。

詳しい日本語の取扱説明書が付いています。
≪≪著者/TMMトレーディング 寺田將二
B−3判の非常に詳しい説明で、この説明書を読んで頂くことにより、まったくスタンガンに関する知識の無い方でも十分に理解することが出来ます。実際のスタンガンの対人接触実験に基づく相手側の体感ショックのレベルや実際に使用した場合の法律問題等、詳しく説明されています。現在では、スタンガン説明書の「バイブル」と位置付けられており世界最高の説明書として自他共に認められています。またスタンガンを使用した犯罪や事件等の裁判でスタンガンの性能・性質・ショックの強度などの参考資料となっている有名な取扱説明書でもあります。

以上がTMM社の護身用品に対する基本的な姿勢です。この基本とするコンセプト(concept)に基づき商品のこと、販売のこと、さらに業界のことなど護身用品に関連する事柄についてコメント(comment)して行きます。

いろいろな質問や疑問に感じたお問い合わせを頂きました。数の多いものから順次答えて行きます。
今回出来なかったものは次号に記します。

(2001/10/01)
セキュリティコメントTOP

HOMEへ戻る
 前のページへ戻る