TMM Online Store - ティエムエムオンライン・ストア- - - - - - TMM社が運営する公式オンライン・ストアです。

催涙スプレーの廃棄処分を代行サービス致します。

  • 〔1〕催涙スプレーは催涙剤が充填されている高圧容器ですので廃棄処分される場合は入っている催涙剤を完全に空にしてからスプレー本体(容器)に穴を開けて不燃物ゴミとして捨てて下さい。
  • 〔2〕充填されている催涙剤を抜く作業は下記の通りです。
    • (1)周辺に人家のない場所(山や海辺など)で噴射の練習として実際に噴射して空にする。噴射の手順や操作など良い経験となります。
    • (2)小・中型までか催涙スプレー(1/2オンス~3オンスくらいまで)は10リットル以上のバケツに8分目程度に水を入れてゴム手袋をして催涙スプレーを水中に沈めて噴射します。
      催涙剤が噴射された水は、そのまま下水に流して捨てます。催涙剤はオレオレシン・カプシウム(OCスプレー)であれば微生物分解性ですので環境を汚染しません。但し、CN催涙剤は化学物質で生産された催涙剤ですのでこの方法は不可です。
    • (3)(1),(2)の方法が困難であれば送料元払便でTMM社まで郵送してください。定形外郵便ですと安く郵送出来ます。
  • 〔3〕催涙スプレーは催涙剤が入ったままでは決して捨ててはいけません。回収業者やゴミ処理施設で異臭騒ぎなどが発生してトラブルになります。
  • 〔4〕有効使用期限が既に経過している催涙スプレーなどをTMM社が責任を以って無償で廃棄処分の代行サービスを致します。
  • 〔5〕TMM社や他社製及び熊よけスプレーなど日本国内で販売されている全ての催涙スプレーを無償で承ります。
  • 〔6〕但しスプレー販売業者の方が販売したスプレーの有効期限切れに伴い回収したスプレーをTMM社に処分の依頼をすることはご遠慮ください。
  • 〔7〕無償廃棄処分代行を利用する場合の送り先
  • 〒803-0816 福岡県北九州市小倉北区金田2-2-1 金田ビル4F
    株式会社ティエムエムトレーディング 業務課廃棄処分係 行き
    TEL:093-583-1026

  • 〔8〕TMM社宛に送料元払便でご送付下さい。
  • 〔9〕催涙スプレーをポリ袋などで密封包装を施していただき定形外郵便などで郵送してください。 住所、お名前、お電話番号と「廃棄処分希望」とメモ書きを同封していただくと助かります。
  • 〔10〕「催涙スプレーの廃棄処分を承りました。」のお知らせと無料で「TMM護身用品・総合カタログ」をご送付させていただきます。